空気清浄器とマジックボールはどこが違うのか?

[`tweetmeme` not found]

最近で日本でも、多くの場所で空気清浄機を見かける様になってきました。空気清浄機というのはその名の通り、空気を清浄化する機械なのですが、一般的に空気清浄機にはフィルターというものがあり、そこに空気中の汚れが集まる仕組みになっています。

当然、このフィルターは交換したり、洗浄したりという定期的なメンテナンスが必要になります。マジックボールの場合は空気を綺麗にするということに関しては同様なのですが、汚れを吸いこむという仕組みとは根本的に違っています。マジックボールは空気を取り入れて、それを水と撹拌し、antibac2Kソリューションを散布することで、空気中でantibac2Kソリューションが汚れをその中に閉じ込めてしまうのです。
汚れはどこかに集めて捨てられるのではなくて、カプセルに取り込まれて、存在しなくなってしまうということです。

ですから、空気清浄機特有のフィルターの交換などのメンテナンスの必要がなく、楽々空気を綺麗にすることができるのです。

This entry was posted in アンティバック製品. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります